そば通によるそば屋紹介


by sstpgj9wi0

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 働く女性の7割以上が、自分はメタボリック症候群または予備軍だと考えているとの結果が、化粧品会社ナガセビューティケァのインターネット調査で出た。周りにいる「メタボな人」にも女性を挙げる回答が最も多く、メタボといえば男性とのイメージを覆す結果となった。
 調査は2月、首都圏の20〜50代の仕事を持つ女性500人を対象に実施した。
 自分はメタボと思うかとの質問に、「思う」としたのは13.4%、「ややメタボ気味」は22.8%で、「今は違うが危機感はある」(38.8%)という予備軍を合わせると7割以上に上った。
 メタボまたは予備軍と感じる理由(自由回答)は「おなかが出てきた・肉が付いた」が最多で、「しゃがむとおなかが苦しい」とのリアルな記述も。次いで「太っている・太ってきた」「体重増加」となり、診断基準(腹位など)よりも体形や体重で判断していることがうかがえた。 

【関連ニュース】
薄型テレビ販売、2.5倍に急増=3月、エコ基準変更前に駆け込み
「ありがとう」1位は母親=受験に関するネット調査
お祝いすると父娘仲良く?=「ひな祭り」ネット調査
インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず
トヨタ、米国で3位転落か=今年のシェア予想

<普天間問題>徳之島で18日に移設反対1万人集会(毎日新聞)
<普天間移設>民主県連が「徳之島」撤回要請へ(毎日新聞)
橋下知事「僕が改革やる」…万博記念公園(読売新聞)
引きこもりの容疑者、口論絶えず…5人殺傷(読売新聞)
日韓議連の新会長に民主・渡部氏(産経新聞)
[PR]
by sstpgj9wi0 | 2010-04-24 07:29
 8歳の長男を殺害したとして、福島県警郡山署に殺人容疑で逮捕された同県会津若松市門田町日吉、無職佐藤路子容疑者(34)が「家庭の問題で悩みを抱えていた。(長男が)車の中で寝ている間に首を絞めた」と供述していることが20日、捜査関係者への取材でわかった。

 発表によると、殺害された恵斗君の死因は首を絞められたことによる窒息死で、首にはひも状のもので絞められた跡があった。捜査関係者によると、恵斗君の体には刃物で刺されたような傷があり、同署は殺害後に刺したとみている。

外国人?男性刺殺…短期契約者ら居住マンション(読売新聞)
「酒飲み聖火ランナーのまね」=JA侵入、ほうき燃やす−男子高生ら逮捕・警視庁(時事通信)
JR北海道 特急展望室を廃止 衝突事故受け(毎日新聞)
核不拡散で貢献策表明へ=鳩山首相、米国に到着−核安保サミット(時事通信)
到着便のスーツケースから出火…成田空港(読売新聞)
[PR]
by sstpgj9wi0 | 2010-04-21 16:02
 平野博文官房長官は19日午前の記者会見で、仙谷由人国家戦略担当相が夏の衆参同日選の可能性に言及したことについて「全く論外だ。鳩山由紀夫首相自身が決めることを他の閣僚が言うべきではない。内閣は一致結束して、この日本をどうするかということを考えるのが鳩山政権のあるべき姿だ」と強く批判した。 

【関連ニュース】
自民に「衆参ダブル」警戒論=党内引き締めの狙いも
公約修正を提案=「政治主導」に疑問-21世紀臨調
21日の党首討論を決定
鳩山首相、成算なく確約=「5月決着」ぼかす動きも
鳩山政権への対応、一層硬化へ=現実性なき「5月決着」に不信

逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も−兵庫県立大(時事通信)
安藤前知事側が上告=宮崎談合・汚職事件(時事通信)
子ども手当、来年度から満額を 民主党分科会が素案(産経新聞)
時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象−参院法務委(時事通信)
<首長新党>松沢神奈川県知事が評価(毎日新聞)
[PR]
by sstpgj9wi0 | 2010-04-19 19:16
 6日午後2時35分頃、熊本県人吉市東大塚町の国道267号で、大型トラックが横転し、道路脇の理容店に突っ込んだ。

 トラックを運転していた男性が死亡、店にいた客1人を含む女性3人(59〜87歳)が負傷し、市内の病院に搬送された。いずれも軽傷とみられるという。

 人吉署が原因などを調べている。

「第3極ブーム」与党警戒、参院選敗北で連携も(読売新聞)
京都府知事選、現職・山田啓二氏が3選確実(読売新聞)
新党結成へ5日夕最終調整 平沼、与謝野氏ら(産経新聞)
<アムネスティ>中国大使館前で死刑執行停止求めアピール(毎日新聞)
普天間で結束確認=社民(時事通信)
[PR]
by sstpgj9wi0 | 2010-04-12 18:52
 国民新党副代表の亀井郁夫参院議員(76)は31日の党会合で、健康上の理由で参院選広島選挙区(改選2)の立候補を辞退した。亀井静香代表は同選挙区に公認候補を擁立しないと表明した。民主党が現職以外の2人目の公認候補を擁立するかが焦点になる。

【関連記事】
郵政改革で首相「官の肥大化論は杞憂」
郵政決着、小沢流戦術が影響 参院選にらみ「郵政票」に軍配
預入限度2000万円 郵政バトル収束
“票田”要望丸のみ 国民新が郵便局長会へ文書 定年延長など成果報告
首相は知らんぷり? 郵政改革で“菅vs亀井戦争”激化
あれから、15年 地下鉄サリン事件

2年間で230回=インド洋給油・給水(時事通信)
「北は終わるかと…」 よど号メンバー 機長も乗客もいない低空飛行(産経新聞)
<高校無償化法案>自民党2議員が賛成 「間違えた」と釈明(毎日新聞)
<重度障害者>脳波で意思表示 産総研が開発(毎日新聞)
<元妻刺殺>復縁断られ…元夫を殺人未遂容疑で逮捕 三重(毎日新聞)
[PR]
by sstpgj9wi0 | 2010-04-07 15:56
 自民党は26日、谷垣禎一総裁、大島理森幹事長、谷川秀善参院幹事長らと党所属参院議員による懇談会を国会内で開いた。谷垣氏は今夏の参院選に向けて「私自身、前面に立っていく。変わらなければならない覚悟は新たにしている」と決意を表明。大島氏は中堅・若手議員を積極登用した選挙態勢を組む方針を示した。党運営に批判的な舛添要一前厚生労働相や山本一太元副外相らは欠席し、執行部刷新要求はなかったという。

【関連ニュース】
谷垣総裁:議員懇開催へ 執行部交代要求は拒否
谷垣総裁:参院選に進退かける 党会合で「私の正念場だ」
自民党:谷垣総裁 事態収拾に指導力を発揮できるか焦点に
自民:総裁辞任求める声続々 党勢低迷、参院選に恐怖感
谷垣総裁:「民主は濁った水」

避難誘導マニュアル 市区町村67%未作成(産経新聞)
「若手を総裁・幹事長に」自民・与謝野氏(読売新聞)
被疑者不詳で書類送検=作業員2人死亡、業過容疑−東京・赤坂のゴンドラ落下(時事通信)
<チリ津波>地上職員避難で旅客機が立ち往生 仙台空港で(毎日新聞)
東大寺・筒井長老の本山葬、営まれる(産経新聞)
[PR]
by sstpgj9wi0 | 2010-04-02 15:14