そば通によるそば屋紹介


by sstpgj9wi0

拉致被害者支援法改正案、午後に衆院通過へ(産経新聞)

 北朝鮮による拉致被害者への給付金の支給期間を平成27年3月まで5年間延長する拉致被害者支援法改正案が23日午後、衆院本会議で全会一致で可決される。改正案は直ちに参院に送付され、月内に成立する見通しだ。

 支援法は、拉致被害者と家族の自立支援と生活基盤の再建が目的で、拉致被害者が単身世帯の場合には月額17万円、2人世帯には月額24万円が支給される。

 今月末に5年間の支給期限が切れるのを受け、与野党が今後も支援を継続していくことで一致した。

【関連記事】
「苦難の行軍」北から届いた手紙100通 貧困…“拉致被害者”の子供たち
衆院委で支援法案可決 拉致被害者へ給付金延長
拉致問題担当相、脱北者受け入れを緩和
拉致被害者支援法の5年間延長示す 中井担当相、北朝鮮人権法改正にも意欲
「拉致被害者支援法」後の新たな支援方法検討へ
20年後、日本はありますか?

強風にあおられ男性転倒、後頭部打ち病院へ(読売新聞)
<殺人未遂容疑>インスリン投与の看護師を再逮捕 京都(毎日新聞)
<トランス社架空増資>黒木容疑者、暴力団に協力し復活(毎日新聞)
<火災>住宅全焼、遺体見つかる 山林も延焼 東京・八王子(毎日新聞)
夫婦で主張食い違う 2歳長男虐待死、母親公判(産経新聞)
[PR]
by sstpgj9wi0 | 2010-03-28 01:17